通信講座を使うことの意味

通信講座を使うことの意味 ファイナンシャルプランナーという資格は最近になってかなり人気となってきています。この資格は生活におけるお金の管理や計画について様々なアドバイスをできる資格で、住宅ローンや保険などの加入相談においてこの資格を持っていることはかなりの意味があります。関連業界の方などはファイナンシャルプランナーの資格を取得しようとしている方も多くいるでしょう。
そしてこの資格に関しては通信講座も数多く展開されています。では、この資格を取得するにあたり通信講座を使う意味にはどんなものがあるのでしょうか。
まず通信講座を使う魅力としては、学校などに通う必要が無いので時間を有効に使えるということが挙げられます。既に働いている方にとっては空いた時間を有効に使えるのでこの点は非常に魅力的です。
また、独学と比べると効率よく勉強を進められる点も見逃せません。ファイナンシャルプランナーの資格を取得するためには6分野の勉強をする必要があるので、テキストがしっかりそろってすべての分野を効率良く進められるのは大きな点だと言えます。

通信講座スタートからファイナンシャルプランナーを取得するまでにかかる最短期間

通信講座スタートからファイナンシャルプランナーを取得するまでにかかる最短期間 通信講座スタートからファイナンシャルプランナーを取得するまでにかかる期間は、3級なら80時間~150時間程度が目安です。2級の場合には150時間~300時間くらいです。がんばれば3ヶ月で2級を取得してしまうことも可能です。
ファイナンシャルプランナー3級では試験に出るところがだいたいパターン化されています。そのため、試験に出るところだけに絞って勉強をすれば最短コースで合格ができます。最短1ヶ月で合格してしまう人もいます。3級は2択・3択問題のみなので、わからなくても適当にマークをしていたら運よく正解する可能性もあります。6割正解すれば合格なので、試験に出るところだけに絞って確実に6割は正解できるようにしておけば資格は取得できます。2級はすべて4択問題となっているので、運の要素が絡む可能性が少なくなります。2級は覚える範囲も広く、難易度がぐっと上がりますが、それでも効率よく勉強をすれば最短3ヶ月で取得ができる可能性があります。